デザインを考える

チームの通常ユニフォームと比較してシミュレーションで決定する

キーパーユニフォームを作るには、まずそのチームで揃えるユニフォームのイメージを固めておかなくてはなりません。そこからキーパーユニフォームのデザインを導き出して決定をするわけですが、現在ではこのデザインについてWeb上でシュミレーションが行えるようになっている会社が大半になっています。チームの服を決めたらそれに対して違和感がないようなデザインにするためには、実際にどのようなイメージに仕上がるのか購入者の視点で視覚化する必要があります。制作側だけで作るとどうしても要望通りにいかない事が多いため、こうした取り組みがなされており主流にもなりつつあります。背番号やソックスの種類までトータルで比較閲覧できるため、このシミュレーションシステムを取り入れる業者は増加傾向にあります。

キーパーユニフォームと言う特性とそのデザイン選択の幅の広がり

様々なシミュレーション方式が取り入れられてはいますが、基本的にはどの会社も同じような仕組みになっています。ただ違うのはカラーやデザインの種類です。ラインデザインの取り方や番号・ネームの書式の種類、それからプリント方式に至るまで幅広いデータ上での閲覧が可能となっています。現実のスポーツショップで組み合わせながら選ぶよりも遥かに効率的で、繊細で納得の行く選び方が可能となっています。キーパーユニフォームはその役割の特性上からカラーに関してはチームとは違うものを選択する必要があります。その事からも、キーパー以外が着用する服と違いがありながらも、かけ離れ過ぎないデザインを選ぶ事が強いられます。総合的で客観的な目線でキーパーユニフォームを作る場を提供する業者が増えているのは、購入者である監督や先生の立場からしても非常に喜ばれるシステムとして普及しています。